青汁ランキング@通販で人気の青汁

青汁で花粉症予防

 

●憂鬱な花粉症

 

毎年春先なると訪れる「花粉症」の悩みは本当に厄介なものです。

 

日本国内における花粉症の患者は年々増加しており、現在では約4人に1人が花粉症であるといいます。

 

「花粉症」は主にスギ花粉などを原因とするアレルギー疾患で、目の痒みやくしゃみ、鼻水、喉の痛みといった風邪にも似た症状を発症しますが、根本的な治療方法は未だに解決されていません。

 

病院の処方薬で一時的に症状は穏やかになりますが、花粉症そのものが治る訳ではなく、薬の副作用が気になるという方も多いのではないでしょうか。

 

 

●花粉症予防に青汁を

 

健康食品等で知られるファンケル社は、一般的な青汁の原材料である「ケール」という野菜に含まれる成分が花粉症の対策に有効である、という研究結果を発表しています。

 

まず、鼻水やくしゃみといった花粉症の症状は、花粉症の原因である花粉が体内に侵入した際に発生する「インターロイキン4(IL-4)」というタンパク質の活動により発症します。

 

このインターロイキン4は、体内に侵入した花粉を『異物』『敵』とみなしてしまうため、鼻水やくしゃみ、咳などを通して一生懸命に体外に排除しようとします。

 

ですから花粉症の症状を抑える為には、このインターロイキン4を減少させる必要があるのです。

 

ファンケル社の研究では、青汁の原料である「ケール」という緑黄色野菜に、このインターロイキン4を減少させる特殊な成分がなんと二種類も含まれているという事を解明しました。

 

その成分とは、『糖脂質』と『フラボノール配糖体(ケルセチン配糖体とケンフェロール配糖体)』。

 

この二種類の成分の働きにより、鼻水やくしゃみといった花粉症の症状を引き起こしてしまうインターロイキン4の活動を、約60%以上も抑える事が出来るのです。

 

こうした二種類の成分を複合的に含む青汁は、身体の内側からの花粉症対策に最適の飲料なのです。