青汁ランキング@通販で人気の青汁

青汁でコレステロール値を下げる

 

●コレステロールって?

 

「コレステロール」というと、“健康に良くないもの”という印象があるかもしれませんね。
しかし実はコレステロールは、人間の身体の細胞やホルモンを形成する大切な材料のひとつなのです。

 

コレステロールは「善玉コレステロール」と「悪玉コレステロール」という二種類に分類されます。

 

中でも「悪玉コレステロール」と聞くと“絶対的に身体に悪いもの”と考えてしまいがちなのですが、
実際にはそうではありません。コレステロールは“善玉”であれ“悪玉”であれ、どちらも人間の身体に不可欠な成分なのです。

 

例えば「悪玉コレステロール」には、全身の血管をくまなく巡りながら人間の身体構成に必要なコレス
テロールを万遍なく送り届けるという役割があります。

 

また一方の「善玉コレステロール」には、血中に取り残されてしまった余分なコレステロールを回収し、
全身の血管を掃除しながら肝臓に送り届けるという働きを持ちます。

 

こうした双方の成分の活動サイクルにより、血中のコレステロール値は正常に保たれている訳です。

 

しかし、そのサイクルのバランスが崩れてしまった場合に、健康に良くない問題が生じてしまいます。

 

悪玉コレステロールには、善玉コレステロールのように、血中に取り残されたコレステロールを回収し
て“血管を掃除する”という機能がありません。

 

ですから血中に残された悪玉コレステロールが増えすぎてしまいますと、善玉コレステロールの“掃除
機能”が追い付かず、古いコレステロールが血管にこびりつき、血栓や動脈硬化などの原因となってしまうのです。

 

つまり、よく言われる「コレステロール値を下げる」というのは、全てのコレステロールの事ではなく、
血中に増えすぎた「悪玉コレステロール」の値を下げる、ということなのです。

 

 

●青汁でコレステロール値低下

 

青汁の主な原材料は様々な緑黄色野菜ですので、脂質である「コレステロール」とは縁がありません。

 

さらに青汁には、ポリフェノールや酵素、β-カロテンといった、全身の血液をサラサラにし、血中の「悪玉コレステロール値」を解消する効果を持つ“抗酸化成分”がたっぷりと含まれています。

 

人間の体内には、人間の体に様々なトラブルを引き起こす「活性酸素」という成分が存在しています。

 

この「活性酸素」の活動が活発になりますと、血管の中に残された古いコレステロールは酸化して“血栓”となってしまい、動脈硬化や脳梗塞といった病気の原因にもなってしまうのです。

 

青汁には、そうした活性酸素の働きを無害化させる、ボウル何杯分もの量に相当する緑黄色野菜の抗酸化成分がたっぷりと凝縮されています。

 

青汁は、コレステロール値や高血圧が気になる方には勿論、日常的な野菜の栄養不足にお悩みの方や、みずみずしい健康と美肌を維持したい方にも大変効果的な飲料なのです。