青汁ランキング@通販で人気の青汁

青汁でアルツハイマー病を予防

 

●アルツハイマーの予防

 

アルツハイマー病(アルツハイマー認知症)は、一般的には高齢になるにつれ発症率が高くなる脳の病気のひとつで、その原因は未だにはっきりとは解明されていません。

 

しかし最近では、佐賀女子短大と九州大学の共同開発により、「ホモシステイン酸」というアミノ酸の酸化代謝物がアルツハイマー病の原因である、とする研究結果が発表されています。

 

基本的にアルツハイマー病は、脳内に蓄積された“ベータアミロイド”という成分により、「脳細胞が死滅させられる」ことにより発症する病気と考えられています。

 

つまり、「脳細胞を死滅させる“ベータアミロイド”の発生を誘発している」のがこの「ホモシステイン酸」であり、アルツハイマー病を予防するためにはまず『脳内のホモシステイン酸を減少させる』事が重要であると考えられているのです。

 

 

●青汁でアルツハイマー予防

 

青汁には、アルツハイマー病の原因であると考えられる「ホモシステイン酸」の増加を抑えるビタミン
B群、特に『葉酸』という貴重な水溶性ビタミンが多く含まれています。

 

『葉酸』は特に妊娠中の方に必要な成分なのですが、実はアルツハイマー病にも高い効力を示します。

 

例えば、コロンビア大学の研究チームが実施した調査では、食事やサプリメントによって日常的に葉酸を補給している人の場合、葉酸を補給していない人と比較して、アルツハイマー病を発症するリスクが少ないという結果が出ています。

 

また、「葉酸の摂取量の高い人ほど発症リスクが低くなる」という結果からも、アルツハイマー予防のためには日常的な葉酸の補給が重要であるという事が解ります。

 

勿論、たくさん葉酸が含まれているからといって過剰に飲みすぎる事は禁物なのですが、熱や光に対して繊細な性質を持つ『葉酸』を補給するのであれば、やはり新鮮な青汁を適切なペースで継続して飲むという事が、アルツハイマー病の予防には非常に有効であると考えられます。