青汁ランキング@通販で人気の青汁

青汁の危険性

 

●青汁の危険性について

 

栄養豊富な健康飲料として知られる青汁ですが、全ての方に万能の健康飲料という訳ではありません。
青汁に含まれている「カリウム」や「リン」「ビタミンA」といった成分は、人工透析を受けている方や腎臓が悪い方には悪影響となってしまう場合があり、注意を必要とするからです。

 

 

・カリウムに関する問題

 

青汁の原材料には「カリウム」を含む野菜素材が豊富に使用されています。
カリウムは人間の身体機能を調整する必須ミネラルのひとつで、体内の過剰な塩分を体外に排出するという重要な働きを持ちますが、この「カリウム」自身もまた体内に多く蓄積された場合、腎臓の働きにより尿等と共に自然に体外に排出される性質を持ちます。
しかし腎臓の機能が低下している方の場合、青汁を飲む事により、青汁に含まれるカリウムを正常に体外に排出することができず、血圧の低下や嘔吐、痺れなどをもよおす『高カリウム血症』という症状を引き起してしまう可能性があるのです。

 

 

・ビタミンKに関する問題

 

抗血栓や塞栓のために「ワーファリン(ワルファリン)」という薬を服用中の方もおられるかと思いますが、ワーファリンには「ビタミンK」によりその効力が失われてしまうという特徴があります。
多くの青汁にはそうしたワーファリンの効力を失わせる「ビタミンK」が豊富に含まれていますから、ワーファリンと青汁を併用する事により、健康に悪影響が生じる可能性があります。

 

 

●その他の注意点

 

青汁は栄養豊富な健康飲料ですが、大量に飲めば飲むほど健康になるというものではありません。
各商品ごとに定められた適正量を超えて大量に飲んでしまうと、栄養成分を吸収しきれないばかりか、過剰摂取による下痢や吐き気、便秘、またアレルギー反応が生じてしまう場合があります。
特にアレルギーをお持ちの方は、購入前に商品の情報をよくチェックするようにしましょう。
『葉酸』を多く含む青汁は、妊娠中の栄養補助として最適の飲料ですが、勿論飲みすぎは禁物です。
また不妊治療中の方の場合、心配な場合には念のため医師に相談をしてから飲むようにして下さいね。