青汁ランキング@通販で人気の青汁

青汁に関するよくある質問

● 青汁に関するよくある質問

 

このページでは、青汁に関する「よくある質問」をまとめています。
多くの方から寄せられた質問ばかりですので、商品を購入する前にまずはご確認下さいね。

 

Q:お湯やジュースに溶かして飲んでも大丈夫?

 

A:青汁はお水やジュース、牛乳や豆乳などに溶かしても美味しくお飲み頂く事ができます。
ただし、熱いお湯やホットドリンクに溶かす事は基本的には避けて下さい。
青汁は高熱に弱く、加熱される事によりビタミンや酵素といった貴重な成分が壊れてしまうからです。

 

※寒い冬場や冷え性の方の場合には、「ぬるま湯」程度の温度であれば問題なくお飲み頂けます。
※熱い飲み物や料理に使用できるよう加工済の製品も多くありますので、購入前にご確認下さいね。

 

 

Q:温めてはダメですか?

 

A:青汁は、基本的には温めないで下さい。
高温で加熱される事により、大切なビタミンや酵素といった有効成分が破壊されてしまうからです。
ただ、温めすぎない「ぬるま湯程度」の温度であればそれほど気にする必要はありません。
商品によっては加熱できるよう加工済の製品も多くありますので、購入前にご確認下さいね。

 

 

Q:いつごろ飲むのが良いですか?

 

A:青汁は薬ではありませんので、特に決められた時間に飲む必要はありません。
ダイエットや血糖値が気になる方の場合には食前に、疲れや不眠にお悩みの方の場合には就寝前にと、ご自身の悩みや生活リズムに合わせて自由に飲むタイミングを決める事ができます。

 

 

Q:1日に何回飲むのが良いですか?

 

A:製品により適正量は異なります。必ず「適正量」をご確認の上でご自身のペースを掴んで下さい。
平均的には、1日に1〜2杯(200mg〜300mg)が理想的とされています。
青汁が初めてという方であれば、まずは適正量の半量程度から始められるのも良いかと思います。

 

 

Q:食前・食後、どちらに飲むのが良いですか?

 

A:一般的に、青汁の栄養を満遍なく補給したい場合には「食後」に、ダイエットをお考えの場合には「食前の空腹時」に、便秘にお悩みの場合には「食前食後」に分けて飲む方が効果的とされています。
これは、青汁に含まれる一部の成分が、体内に吸収されるために脂質を必要とする事に関係します。
勿論、飲むタイミングが前後したからといって成分の吸収率が大きく変化するわけではありませんので、ご自身の生活リズムに合わせたペースで“継続して飲むこと”が一番大切です。

 

 

Q:作り置きしてもいいですか?

 

A:基本的に「作り置き」はよくありません。
青汁には、新鮮な素材から抽出されたビタミンやミネラルといった栄養成分が豊富に含まれています。
しかし青汁を作ってから長時間放置してしまいますと、せっかくの新鮮な栄養成分は劣化し、その効能も失われてしまいます。

 

 

Q:賞味期限はありますか?

 

A:製品ごとに異なりますが、粉末タイプの青汁であれば常温保存で約2年前後が一般的です。
また粉末タイプの他、冷蔵保存を必要とする新鮮な絞りたてのドリンクタイプ等、賞味期限が長くて数日という製品もありますので、製品ごとに必ずご確認下さいね。

 

 

Q:シェーカーを使った方がよいですか?

 

A:粉末タイプの場合、シェーカーを使う事によりまろやかで飲みやすい青汁を作ることが出来ます。
しかし多くの製品は、特別なシェーカーがなくても簡単に水に溶けますので、スプーンやマドラーなどで軽く混ぜるだけでも問題はありません。

 

 

●飲みやすい青汁

 

一般的に“青汁”といえば、その青野菜独特のクセのある風味を連想される方も多いかと思いますが、最近では栄養面プラス「美味しさ」と「風味」をも追求した製品が数多く開発されています。
今回は、そうした青汁の中でも特に“おいしい”と評価の高い製品をご紹介します。

 

 

1位:えがおの青汁

 

『えがおの青汁』は、今までの青汁は飲めなかった、という方でもおいしく飲む事ができる青汁です。
原材料のベースには、その優れた栄養価とサラリとした風味の良さから、最近では有名なヘルシースイーツや清涼飲料水の材料としても使用されている「大麦若葉」を採用。
また、アンチエイジング効果で知られるポリフェノールがたっぷりの「長命草」、冷え性に効く「醗酵黒生姜」などを配合する事により、健康と美容の双方に効果のある優れた栄養価を実現させています。
お水に溶かしてごくごくと味わう事は勿論、牛乳や豆乳に混ぜて抹茶ミルク風に、またヨーグルトなどに混ぜても手軽に栄養を補給する事ができる、思わず喉が鳴る程の「おいしさ」が嬉しい青汁です。

 

2位:ふるさと青汁

 

マイケアの『ふるさと青汁』は、八丈島の「明日葉」という貴重な野菜が贅沢に使用された青汁です。
この「明日葉」という野菜には、ボウル数杯分の野菜にも相当する多彩な栄養がバランスよく含まれており、その総合的な栄養価は“野菜の王様”と呼ばれるケールをもはるかに上回るものなのです。
さらに特筆すべきは、頑固な便秘やセルライト、高血圧、動脈硬化、肥満やがんといった生活習慣病にも優れた効果を発揮する“明日葉カルコン”と呼ばれる成分がたっぷりと含まれている点にあります。
まろやかな風味で人気の「大麦若葉」、そして「桑の葉」も配合されており、サラリとクセのない緑茶風味に仕上げられていますから、貴重な有効成分をおいしく手軽に補給する事ができます。

 

 

3位:極の青汁

 

サントリー社の『極の青汁』は、“流石はサントリー”とも言うべき非常に高品質な青汁です。
原材料には、国産の大麦若葉と明日葉という総合栄養価に優れた素材に加え、サントリー独自の研究により開発された「ケルセチンプラス」という野菜由来のポリフェノール成分が配合されています。
この“野菜の底力”とも言える「ケルセチンプラス」がミックスされることにより、原材料である二種類の野菜が持つビタミンやミネラル、カロテンや抗酸化成分といった有効成分も強力にパワーアップ。
まろやかな風味で人気の大麦若葉に加え、宇治産の抹茶と煎茶も贅沢に配合されており、飲みやすいというよりはむしろ「飲みたくなる」美味しさをもつ、栄養成分・風味ともに非常に質の高い青汁です。

 

 

4位:お茶村の神仙桑抹茶ゴールド

 

お茶村の『神仙桑抹茶ゴールド』は、世界食品品評会金賞という実績を誇る“職人技”の青汁です。
原材料である「桑の葉」「緑茶」「シモン」という三種類の素材には、良質なミネラルやビタミンの他、高血圧や動脈硬化、高血糖値といった生活習慣病対策にも有効な成分がたっぷりと含まれています。
素材の加工方法には“プロの茶師”による匠の技がこらされており、原材料を新鮮なままに粉砕する“抹茶製法”を採用する事により、素材の持つ優れた栄養成分を最大限に引き出す事に成功しています。
豊富な食物繊維によるデトックス効果もあり、健康に有効な栄養成分をさらりと美味しく補給できる事からも、発売以来の累計販売数も約2,000万包を突破するという大変人気の高い青汁です。

 

 

5位:グリーンハウス、レモンの青汁

 

『レモンの青汁』は、その名の通り「レモン果汁」の爽やかな風味が嬉しい“おいしい青汁”です。
原材料のベースとなるケールは、別名「野菜の王様」と呼ばれる程に優れた栄養価を誇り、美肌を保つビタミンや全身の老化を防ぐβ-カロテン、整腸作用のある食物繊維などを豊富に含有しています。
さらに『レモンの青汁』では、そうした抜群の栄養価を誇るケールに加え、約25%もの新鮮なレモン果汁をたっぷりとブレンドさせる事により、ケール特有の苦味やクセを見事に解消しているのです。
ですから一日に必要なビタミンCはもちろん、日常的に不足しがちなビタミンやミネラルといった野菜の栄養成分を、小さなお子様でも美味しくゴクゴク♪と手軽に十分に補給する事ができるのです。

 

 

 

●栄養価の高い青汁

 

健康に良い栄養成分を豊富に含む青汁ですが、続いて、数ある青汁の中でも特に「栄養価の高い」青汁を厳選してご紹介します。何よりもまずは健康の良い青汁を、という方にオススメの商品です。

 

 

1位:自然食研のスーパー健願青汁

 

自然食研の『スーパー健願青汁』は、別名“野菜の王様”とも呼ばれるケールの一番外側の葉(外葉)のみが厳選使用された、一般的な青汁とは一味違う「濃い青汁」です。
五年間もの歳月をかけて準備された特別な畑にて、無農薬・無化学肥料にて丁寧に栽培されるケールには、人間の健康に不可欠なビタミンやミネラル、身体の酸化や老化を防ぐカロテンの他、整腸作用のある食物繊維等がたっぷりと蓄えられています。
なかでも、太陽の光を一番贅沢に浴びながら育つケールの“外葉”の部分には、ケールの自然な甘味と非常に純度の高い栄養成分がギュッと凝縮されています。
自然食研の『スーパー健願青汁』は、厚生労働省が推奨する一日の野菜摂取量(350g)に相当する栄養価を、コップ一杯わずか67円で補給する事が出来る青汁なのです。

 

 

2位:ふるさと青汁

 

マイケアの『ふるさと青汁』は、ご長命の方が多い事から“長寿の島”としても知られる八丈島大島産の「明日葉」という貴重な野菜を根から丸ごと原材料とした青汁です。
この「明日葉」は非常に生命力の強い野菜で、一般的な青汁の原材料である「ケール」をも上回る多彩な栄養成分を含有しており、さらに“明日葉カルコン”や“クマリン”と呼ばれる特殊なポリフェノール成分をたっぷりと含む事でも知られています。
特に“明日葉カルコン”には、体内の老廃物を洗い流し血液をサラサラにする効果があり、高血圧や動脈硬化、がん、肥満といった生活習慣病対策にも有効であるという事が科学的に証明されています。
その爽快なデトックス作用により、頑固な便秘やセルライト、むくみといった悩みもスッキリと解消されますので、健康と美容の双方に効果的な青汁をお探しの方にも最適な青汁です。

 

 

3位:極の青汁

 

サントリーの『極の青汁』は、大麦若葉と明日葉という二種の素材に加え、サントリー独自の研究により開発された“ケルセチンプラス”と呼ばれる野菜由来のポリフェノール成分が配合された青汁です。
新鮮な野菜に含まれるポリフェノール成分の集大成であり、「野菜の底力」ともいえるこの“ケルセチンプラス”が配合される事により、二種類の野菜に含まれる有効成分も強力に活性化&パワーアップ。
特に明日葉に含まれる“明日葉カルコン”と呼ばれる成分のデトックス作用により、頑固な便秘の解消や、高血圧、動脈硬化、脳梗塞、がんといった生活習慣病の予防と対策にも高い効果が期待できます。
野菜の栄養価自体が全体的に減少傾向にある中、野菜が持つ究極の力と美味しさを引き出し見事に結実させた『極の青汁』は、“流石はサントリー!”と唸りたくなる非常に質の高い青汁です。

 

 

4位:お茶村の神仙桑抹茶ゴールド

 

お茶村の『神仙桑抹茶ゴールド』は、世界食品品評会(モンドセレクション)にて金賞受賞という実績を誇る“お茶職人”の匠の技が生かされた青汁です。
原材料には、古くから生薬としても重宝されている「桑の葉」、全身の酸化や老化を防ぐカテキンがたっぷりの「緑茶」、良質な食物繊維を含む「シモン」といった貴重な素材が贅沢に使用されています。
特にミネラル豊富な「桑の葉」には、牛乳の約27倍ものカルシウムの他、血糖値を下げる“DNJ”、コレステロール値を下げるフラボノイド類等、生活習慣病にも有効な成分が大変豊富に含まれています。
さらに「シモン」に含まれる良質な食物繊維の働きにより、腸内の環境もすっきりと正常に整えられますから、頑固な便秘や肌荒れ、慢性的な肥満といった悩みにも嬉しい効果が期待出来ます。

 

 

5位:遠藤青汁

 

『遠藤青汁』は、日本で初めて「ケール青汁」を完成させた“青汁の父”こと遠藤仁郎博士直伝の伝統手法により製造され続ける、まさに元祖青汁と言える青汁です。
昭和18年(1943年)、栄養豊富な緑黄色野菜である「ケール」の種を米国から日本に持ち帰った遠藤博士は、“無農薬・無化学肥料で栽培する”“清浄なケールのみを使用する”という2つの強い信念の基、日本初の「ケール青汁」を健康飲料として完成させました。
以降、長い時を経ても変わらず製造され続ける『遠藤青汁』には、博士の強い信念と愛情、そして自然なままの新鮮なケールの魅力が凝縮され、その安全性からも非常に根強い支持が集められています。
“頑固一徹、ケール生一本”の『遠藤青汁』ですが、商品の形状は粉末タイプから粒タイプまでバリエーション豊かに用意されていますので、一番飲みやすくお好みに合う商品をお選び頂く事が出来ます。

 

 

●安い青汁

 

青汁を飲む際に大切な事は、やはり毎日継続して飲み続けること。そして毎日飲み続けるものですから、少しでもお得なものを。豊富な栄養成分と共に、1杯あたりの価格が安い青汁をご紹介します。

 

 

1位:自然食研のスーパー健願青汁

 

日本食研の『スーパー健願青汁』は、別名“野菜の王様”とも呼ばれるケールの一番外側の葉(外葉)のみを厳選し原材料とした、大変贅沢な青汁です。
太陽の光を一番多く浴びながら育つケールの「外葉」には、人間の健康管理に不可欠なビタミンやミネラル、身体や肌を若々しく保つβ-カロテン、腸内環境をスッキリと正常に整える食物繊維といった有効成分がギュッと凝縮されています。
その総合的な栄養価は驚くべきもので、たった1杯分でカルシウムは牛乳1本分、ビタミンAはトマト4個分、ビタミンEはピーマン6個分、食物繊維はセロリ1.5本分。
厚生労働省が推奨する成人の1日の野菜摂取量(350g)に相当する栄養価を、たった1杯、わずか「67円」で補給する事が出来る青汁なのです。

 

 

2位:遠藤青汁

 

『遠藤青汁』は、昭和18年(1943年)に日本で初めて「ケール青汁」の作成に成功した故・遠藤仁郎博士直伝の手法により製造される、まさに“元祖青汁”とも言える青汁です。
70年以上にもわたる非常に長い歴史と伝統を誇り、博士の“無農薬・無化学肥料で栽培する”“清浄なケールのみを使用する”という2つの信念の下に製造される遠藤青汁には、自然なままの新鮮なケールの栄養成分が丸ごと凝縮されています。
その長い歴史と「頑固一徹、ケール生一本」の風格から根強いファンやリピーターの多い青汁で、携帯にも便利な粉末タイプの他、顆粒タイプや粒状タイプ等も用意されていますから、一番飲みやすく続けやすい製品をお選び頂く事が出来ます。

 

 

3位:アサヒの菜善青汁

 

アサヒから発売されている『菜善青汁』は、一杯分あたりの価格が“約75円”という非常にコストパフォーマンスに優れた青汁です。
原料である国産大麦若葉は、農薬や化学肥料を一切使用しない“無農薬栽培法”にて栽培されており、さらに収穫後にはすぐに加工されますから、若葉に蓄えられたビタミンやミネラル、酵素、良質な食物繊維といった有効成分が新鮮なままに凝縮されています。
また腸内環境を整える「アロエエキス」、カルシウムの体内吸収を促進させる「乳酸カルシウム」といった成分も配合されており、青汁の栄養を効率よく補給するための独自の工夫も凝らされています。
サラリとまろやかな味わいで人気の「大麦若葉」に加え、自然な甘味が優しい「抹茶」や「麦芽糖」もたっぷりとブレンドされていますので、大変飲みやすく毎日続けやすい青汁に仕上げられています。

 

 

4位:お茶村の神仙桑抹茶ゴールド

 

お茶村の『神仙桑抹茶ゴールド』は、生薬としても重宝される「桑の葉」、全身の老化を防ぐカテキンがたっぷりの「緑茶」、良質な食物繊維を含む「シモン」という三種の素材を原材料とした青汁です。
これらの素材には、各種ビタミンやカルシウム・鉄分といったミネラル成分は勿論、高血圧や動脈硬化、メタボリックシンドローム等の生活習慣病予防にも効果のある成分がたっぷりと含まれています。
また、加工方法には“プロのお茶職人”による「抹茶製法」と呼ばれる特別な加工方法が採用されており、ほんのりと優しい抹茶の風味が漂う飲みやすい味わいに仕上げられています。
世界食品品評会(モンドセレクョン)金賞という実績もあり、発売以来の累計販売数が既に約2,000万包を突破するという大変人気の高い青汁です。

 

 

5位:ダイレクトテレショップの青汁三昧

 

ダイレクトテレショップの『青汁三昧』は、発売以来の累計販売数がなんと3億杯を突破するという、圧倒的な人気を誇る青汁です。
原材料には、別名“野菜の王様”とも呼ばれるケールの他、ビタミンCの豊富なゴーヤ、良質な食物繊維をたっぷりと含む大麦若葉という「三大野菜」が使用されており、従来の青汁をはるかに凌ぐ高い栄養価が実現されています。
また、とてもまろやかで飲みやすい抹茶風味に仕上げられていますから、青汁が初めてという方や野菜の風味が苦手、という方でも毎日美味しく飲み続ける事が出来ます。
コストパフォーマンスにも優れており、購入コースや特別特典等も豊富に用意されていますので、お好みのコースを選ぶ事により更にお得な価格で購入する事が出来ます。